Call us toll free:
Top notch Multipurpose WordPress Theme!

ジェレミーの3月トレーニング生レポート

3月
08

ジェレミーの3月トレーニング生レポート

ジェレミーの3月のトレーニング生レポート

 

「コメント、質問、文句があるひとはいませんか?」

 

AT・BODYCHANCEの変更

 

BODYCHANCE内で数多くのスタッフが別の道を歩んでいかれることをすでに聞かれた方はいらっしゃるでしょう。

 

私は、BODYCHANCEに居続けます。会社の運営は私にとっての生きがいですから、これからも進んでこの道を追求していきたいと思います。日本に来て働きはじめてから、早いものでもうすぐ20年になります。できれば後20年くらいは生きていきたいです!

 

私のビジョンはアレクサンダーを日本の皆様にお届けすることです。

 

私のミッションは、今世紀において、日本におけるアレクサンダーワークの普及に必要な教師やレッスンを提供できる会社の基礎を作り上げることです。

 

BODYCHANCEが社会変革の触媒として前進し、繁栄していくために必要であると思われるステップをみなさまと共有したいと思います。

 

東京近辺にお住いの方のために、3月30日に目黒スタジオでビーガンのお食事会を開催します。当日スタジオで実際にシェフのアンドレアが料理します。大阪にお住いの方には、ぜひ4月7日(日)の ATサクセスクラスでお会いしたいです。 (残念ながら7日はアンドレアを連れてくることはできません)

 

ビーガンのお食事を予約したい方は3月20日までにこのメッセージにお返事ください。ドリンクをお飲みになりたい方はご持参ください。お食事代はいただきません。

 

***

BODYCHANCEを振り返って

 

1月の道子さんのご勤務の最終日にDoDo にてヨギニの皆さんと一緒に飲み会を開きました。目黒スタジオの下のクラフトビールショップです。BODYCHANCEで勉強した感想をおたずねすると、かほさんが答えてくれました:

 

「BODYCHANCEはラテン・アメリカのスクールみたいでした」

 

みんな一斉に笑いました。私もこの答えに納得しました。

 

学校はいつも急激に変化します:これに対する3通りの解釈を聞きました:ジェレミーは気が散っている;BODYCHANCEはいつも変わってばかりいる。あんまりにも変化が早すぎる。

 

しかし、変われる能力があってこそスクールには魂があるのです。それなしで、スクールが世界有数のアレクサンダー・スクールにまで成長することはありませんでした。アレクサンダーのワーク史上、私たちほどの規模のスクールが浮上したことはなかったのです。

 

これは日本特有のものですーそれを可能にしたみなさんに感謝しています。

 

しかし、常に変化し続けていると混乱が起こり、計画が立てにくいことは認めます。新年度の始まりとともに変更したことはありますが、一年の間に変化は起こらないようにしていきたいともいます。会社は、コンサルティングの時間を設け、議論し、正しい掛け声をかけていく必要があります。

 

多様な偉大なティーチャーによるフレキシブルなプログラムを提供していくということがBODYCHANCEの誇りです。フレキシブルなスケジュールを提供することで、ご多忙なみなさんのリクエストにお応えしたいと存じます。

 

みなさんからのアドバイスをしっかり聞いていきたいと思います。このレポートは、クラスの後のコンサルテーション・セッションが始まって以来、2回目のレポートです。これから何回かご案内を送付していきます(みなさまにリマインドメールとしてお届けしていきます)

 

新しいウィークエンド・タイムス

 

トレーニング生からのフィードバックやディスカッションに基づき、平日午前クラスの開始時間を変更することはやめました。クラスの開始時間は午前9:30分とします。

 

ただし、週末の午後のクラスの時間は変更します。トレーニング生の中には午後、土日のクラスのみに出席可能な方がおられます。クラスは14.30 ~ 17.30の間に開催され、間に20分の休憩時間が入ります。

 

2019年度時間割

 

客員教師の単位

 

マルコルム・バルクとリンゼー・ニューウィッターの訪問以降、客員教師の単位システムによってあなたの単位を客員教師に移し変えることも可能です。

 

以前は、客員教師の単位を一人の先生に対してしか使えませんでした。このポリシーは終わります。1学年度内の客員教師の単位を使えます。

 

ご質問のある方はpro@bodychance.jp  までお書きください。古い客員教師のポリシーはトミー・トンプソンの訪問時には有効です。新しいポリシーは4月1日から適合されます。

 

 

トレーニング生の第2ステージと第3ステージ

 

第2ステージから第3ステージに移行するトレーニング生は、個人インタビューではなく、ジェレミーが開催する各セミナーの「オリエンテーション」セッションに注目していてください。

 

次のステージが始まる前に、何度か開催される「オリエンテーション」セッションのいずれかに参加してください。必要なステップはプロウェブサイトに記載されています。こうしたセッションは必須ではありませんが、ジェレミーに面会し、質問するチャンスですからお見逃しなく。

 

これからはトレーニング生のみなさんが第1ステージから第2にステージに移行するために、私自身がもっと積極的な役割を果たしていきたいと思います。こうしたセッションの日程の入ったプロカレンダーを参照してください。

 

 

2019年2月のジェレミーのコンサルテーションに関する東京レポート

 

チェアワークやテーブルワークなどの伝統的なSTAT型のティーチングをBODYCHANCEのカリキュラムの中に含められていないこと対して、不安を感じるトレーニング生の方がいました。BODYCHANCEのカリキュラムの内容は、一見そんな風に見えるかもしれませんが、実はそうではありません。トミー・トンプソン先生にテーブルワークをリクエストすれば教えてくれるはずです。マルコルム先生やリンゼイ先生もリクエストに応じてチェアワークをやってくれるでしょう。ぜひ彼らにリクエストしてください!

 

BODYCHANCEは、本来は、マージョリー・バーストゥーのティーチング改革に基づいたスクールです。私自身は、10年以上かけてチェアーとテーブルワークをやり続けた結果、マージのワークの仕方の方が現代の生徒さんのニーズにより適切に応えることができるという結論に達しています。

 

クラスが終わった後のスタジオの使用

 

ふみこさんは、月に1度のペースでトレーニング生がワークを練習する時間を設けて欲しいというリクエストをされました。

 

ジェレミーは月に1度、毎週土曜日に(1時間)目黒と梅田のスタジオを提供することに決定しました。日程は下記の通り:

 

大阪の日程

4月6日ジェレミーのクラスの後

5月18日由香さんのクラスの後

6月15日由香さんのクラスの後

7月20日由香さんのクラスの後

 

東京の日程

4月12日ジェレミーのクラスの後

5月25日ジェレミーのクラスの後

6月22日ジェレミーのクラスの後

7月13日やすひろさんのクラスの後

 

記:BODYCHANCEはこうしたイベントを「オーガナイズ」しているわけではありません。スタジオは提供しますが、トレーニング生同士で時間配分を決めてください。

 

 

2019年2月ジェレミーのコンサルテーションに関する大阪のレポート

 

オンラインビデオ

 

ゆきこさんの質問:卒業後も、BODYCHANCE オンラインーボディシンキングとシンキングボディのビデオに対するアクセス権を持ち続けることができるでしょうか。

ジェレミーの答え:ビデオに対するアクセス権は卒業後も保証します。

 

第2ステージのポリシー

 

じゅんたろうさんとかおりさんの質問:第2ステージのトレーニング生はコースのみをこなすことを許されているでしょうか。

答え:BODYCHANCEポリシーでは第2ステージのトレーニング生は2つ以上のコースを取る必要があります。

 

補足:これができないケースも過去に見られました。こうした状況を抱えている場合は、ジェレミーに二つのコースに参加できない理由を説明してください。ジェレミーが許可を出した場合、ティーチングメソッドコースに申し込んでください。

 

卒業生のためのディスカバリ・スクール

 

今年の後半に第3ステージのトレーニングを終了される、はるさんと、きょうこさんの質問:

トレーニング終了後に卒業生のためのディスカバリ・スクールに参加できないでしょうか。

 

ジェレミーの答え:プログラムの参加席の空き状況次第でこれは可能です。第3ステージのトレーニングが2学期か3学期に終わったら、卒業生のためのディスカバリスクールへの参加をお申し込みしていただけます。

 

ディスカバリ・スクールへの参加をリクエストしたい方は pro@BodyChance.jp までメールしてください。

 

***

 

レポートは以上です。

 

私のコンサルテーションの日程はカレンダーに記載されています。重要な問題を提起したい方はどうか、何度か開催されるミーティングに出席してください。

 

その他の件に関しては、 Pro@BodyChance.jpまでメールしてください。

 

にこやかに

 

BODYCHANCE校長・ジェレミー

 

Helping You To Help YourSelf

本物の自助論

Sorry, the comment form is closed at this time.