Call us toll free:
Top notch Multipurpose WordPress Theme!

【BodyChance】ブックコースの申込受付を開始します


プロコーストレーニーの皆様

酷暑と台風で大変な夏ですが、早く秋らしくなってもらいたいものです。

これからの頭を使える季節にアレクサンダーのブックコースはいかがでしょうか。

・申込み締切り:10月18日(木)
・ブックコース開始:11月7日(水)

 
プロコースのトレーニーは、2冊(4単位)を修了することが卒業要件の1つになっています、最低2年はかかりますので、計画的に進めてください。
(次は来年5月末頃の開始になります。)

今期の受付を開始しますので、この機会にぜひアレクサンダー自身の著書にじっくり取り組み、彼の考え方の根本に触れてみてください。
(このブックコースで学べる4冊の本の概要については、このメールの末尾をご覧ください。)

 

***********************************************************

■費用
1コース:19,980円(税込)

■申込み
オフィス (office@bodychance.jp)  までメールにてお申込みください。

【申込みメールの内容】

件名:
2018年度後期ブックコース申し込み

(1)お名前:
(2)参加するブックコース:
   (略称で、EOT、UOS, CCC前半、UCL後半となります。いずれかをお書き下さい。)
(3)テキスト送付先住所:
(4)ブックコースに使用するE-mail

***********************************************************

■今回開講のブックコース
 
 今期は次の4つが開講の予定です。

 
①「テクニークの進化」(略称 EOT Evolution of a Technique)

「自分の使い方(The Use of the Self)」の第1章を学びます。

ブックコースが始めての方は、必ず最初にこのクラスに参加してください。

 

 

②「自分の使い方」(略称 UOS The Use of the Self)

 EOTを終了した方は、このコースになります。
「自分の使い方(The Use of the Self)」の第1章以外を学びます。

このコースを終了した後に、他の3冊に進むことができます。

 

 

③「個人の建設的で意識的なコントロール」CCC前半

Constructive Conscious Control of the Individual)

 ②を終了した方は、新しくこのコースを受講することができます。

 

 

④「生きている上で変わらないこと」 UCL後半

 The Universal Constant in Living

 前半からの継続になります。前半を既に受講された方のみが参加できます。

 

***********************************************************
 

■コース開始までの流れ

(1)申込み (10月18日(木)まで 締切り厳守

 

・申込み人数が揃い次第、開講を決定できます。

その後の振込・テキスト渡しができますのでお早めにお申し込み下さい。

・後の手続きがあるため、締切り後の申込みはお受けできません。

 

(2)開講連絡後に振込み (10月23日(火)まで 締切り厳守

・人数が揃い開講が決定したら、開講と振込みの連絡をさせて頂きますのでお手続きをお願いします。

・申込み時に開講が決まっていれば、申込み受付とともに振込みの連絡もさせて頂きます。

・開講・閉講の連絡は遅くとも10月20日(土)までには行います。
   それまでに開講・閉講の連絡がない場合には、お手数ですがオフィスまでご連絡を願いします。

・期限までに振込が無い場合には、申込み取り消しになりますのでご注意ください。

 

(3)テキスト渡し

・振込み確認後、郵送等で送らせていただきます。

ある程度人数が揃った段階で発送します。そのため、振込み後にかなり日数がかかることをご了承ください。

 

(4)グループへの招待の承諾

 

 開始の数日前頃に、ブックコースで使うグループへの招待をメールで行いますのでご承諾ください。

 

(5)開始(11月7日)

 
BodyChanceディレクター 石田 康裕

 

***********************************************************

◎アレクサンダーの4冊の著作の概要

(1)「人が受け継いでいる最高のもの」 MSI 

 Man’s supreme inheritance

1910年(アレクサンダーは41歳)に出版されました(ただし、現在のような形になったのは1918年です)。

彼の最初の著作であるこの本は、とても野心的です。自分が作ったテクニークが、人間の進歩にいかに有効かについての彼の確信が書かれていて、読む人に未来に対する希望を抱かせ、アメリカではかなり売れました。

立つこと、歩くことや、呼吸についての具体的な記述もあります。

アレクサンダーが主張し続けた「意識的コントロール」ということについて、彼がなぜ必要と考えたかについて、とてもよくわかります。

自分の可能性を信じられるようになることでしょう。

 

(2)「個人の建設的で意識的なコントロール」 CCC

Constructive Conscious Control of the Individual)

1923年(アレクサンダー54歳)に出版されたアレクサンダーの2冊目の本です。

テクニークの全体を体系的にまとめたもので、彼は4冊の本の中で、この本を最も重要と考えていました。

この本の執筆にあたっては、世界的な哲学者ジョン・デューイが大きく関わっています。

当時、1年のうち半分をアメリカに滞在することにしていたアレクサンダーは、その内容をデューイに詳細に確認してもらっています。

「ハンズ オン バック オブ ザ チェア」の詳しい記述もあります。

アレクサンダーは、「ハンズ  オン バック オブ ザチェア」を特許にしようと思ったのですが、それができなかったので、この本に詳細に書くことにより、著作権で守られるようにしたそうです。

 

(3)「自分の使い方」 UOS The Use of the Self

1932年(アレクサンダー63歳)に出版された3冊目の本です。第1章「テクニークの進化」は、アレクサンダーがどのようにテクニークを見出していったかを書いています。

「インヒビション」や「ディレクション」など、アレクサンダー・テクニークでの基本的な用語の始まりを知ることができます。

彼は、この内容があれば、もし直接の後継者がいなくなっても、誰かがその内容を再発見してくれるとも思っていました。

この本の出版前年の1931年に、アレクサンダーは、テクニークを教えるための先生を養成する学校を作りました。

一期生には、ジェレミーの先生で、ボディチャンスメソッドの創始者といえるマージョリー・バースト―がいました。

 

④「生きている上で変わらないこと」 UCL The Universal Constant in Living

1941年(アレクサンダー72歳)出版のアレクサンダーの最後の著作です。アレクサンダーは、この本の序文に「前著「自分の使い方」を書き終えたとき、それまでの2冊と合わせて3冊の本があることで十分だと思ったが、誤解がまだあり、理解が充分にされていないことが分かったのでこの本を書くことにした。」と述べています。

また「「自分の使い方」の出版の後、テクニークに科学的説明を与える生物学や生理学の分野の発見があった」ので、それについても触れました。

それまでの本と異なり、テクニークの具体的な記述は余りありませんが、アレクサンダー・テクニークがなぜ必要かをさまざまな人間の特性から考えさせてくれます。

 

【朗報】10月キャシースペシャルクラスのお知らせ


プロコースのみなさま

こんにちは、BODYCHANCEの裕介です。

さて10月に京都でATI年次総会にキャシーが参加されます。

嬉しいことに帰国前に大阪・東京スタジオでプロコースを担当してくれることになりました!!

さらにVT単位ではありませんので、気にせずご参加ください。

ジェレミーが代講になってしまったことをお詫びとしてのプレゼントクラスです。

大阪・東京で2日間ずつですが、参加できる分だけぜひ学びにきてください。

大阪は朝クラスがサラ、午後からキャシーと贅沢な時間が続きますよ。

 

<キャシー来日時の大阪プロコース>

10/25 木 9:30-12:30 サラ(VT単位)

              18:30-21:30 キャシー 

10/26 金  9:30-12:30 サラ(VT単位)

                  14:00-17:00 キャシー

 


<キャシー来日時の東京プロコース>

10/27 土 10:00 – 17:00 ジェレミー → キャシー

10/28 日 10:00 – 13:00 ジェレミー → キャシー

     14:30 – 17:00 ジェレミー

 

上記はプロコースのみ記載しています。

東京は予定通りTM/TB単位で出席したい方は、出席簿に記入して参加ください。
(単位を使わない方はそのまま記入せず参加ください)

大阪ではサラの特別グループレッスン・ PLもありますので別メールでお知らせしていきますので、確認しておいてくださいね。

 

******

 

また8月に台風で休講になりました東京クラスは以下の日程に変更されます。

8/8(水)BT → 11/14(水)BT 担当:愛子

8/9(木)TM → 11/15(木)TM 担当;裕介

 

今年はジェレミーの体調不良や台風などでスケジュールが不安定になっています。

ご迷惑をおかけしております。

 

上記の件やシステムについてのご相談は山口が受けたわまりますのでご連絡ください。

usk@bodychance.jp 

 

夏は逃したので10月こそはキャシークラスに出席するぞ!と意気込む裕介よりお届けしました。

BODYCHANCE 山口裕介

【重要】8,9月ジェレミープロクラス代講のお知らせ


プロコース生の皆さま
 
BODYCHANCEの山口裕介です。
 
ジェレミーの8、9月代講のスケジュールが決まりました。
 
皆さまには大変ご迷惑と心配をおかけしております。
Facebookでも家族でランチを食べてる写真があがってたりと順調に回復はしているようで、まだ私も本人に会ってないのでひとまずホッとしています。
 
さて代講教師とスケジュールは以下にあります。
また10月11月の教師の変更がございますので合わせてお知らせいたします。
 

 

<大阪>

8/2(木) TB いすゞ 
8/3(金) BT いすゞ
8/4-8/5 (土日)10:00-17:00 夏ゼミ 由香
9/13(木) 由香
9/14(金) 紀美子
9/15(土) 紀美子
9/16(日) 紀美子
 
 
8/2ATSは→11/6(金)19-22 バジルへ変更となります。
時間は同じく19:00-22:00です。

<東京>

8/7(火) TB 朝 康裕 
        BT 昼 愛子
8/8(水)  BT 順子
8/9(木)  TM 裕介
8/18(土) ATS バジル
 
9/7(金) TB 康裕
9/8(土) BT 道子
9/9(日) TM 康裕 
9/11(火) 朝TB 愛子
       昼BT 道子
9/12(水)  BT 康裕 
また以下の変更もあります。
10/22(月)BT バジル→愛子
11/2(金)BT 愛子→バジル
今回の代講でスケジュールが変えるなど大変お手数をおかけいたします。
 
 
 

また予定していたオンラインビデオに関するクラスは2019年4月からと延期になりますのでご了承ください。

このスケジュール変更についてや学校のルールなどの質問・相談がある場合は、今後は山口までご連絡をお願いします。
 
【相談窓口】
山口裕介 usk@bodychance.jp

 

【2学期】プロコースカレンダー完成


プロコーストレーニーのみなさま 

3学期の授業日程と担当教師が決まりました。

BTテスト日程も確認して予定を組んでくださいね。

 

【ATSクラス】

前にも周知いたしましたが、BCMクラスの名前が変更となりました。

詳しくはこちらをご覧ください。 

 

【オンラインビデオクラス】

B-L1やT-L1と新しい表記があります。

このクラスの内容はカレンダーの右下にも説明は書いてありますが、後日ジェレミーより案内を送りますのでそちらをお待ちください。

簡単にお伝えすると、

BT/TBのオンラインビデオに合わせたクラスになっています。

クラス開始の45分間はビデオに合わせた内容でジェレミーがレッスンをします。

BTテスト対策やTBプレゼンなど、プラスαの学びになるように今後もこのように企画を練っていきますね。

カレンダーはこちらから↓

2018年2学期プロカレンダ-ver.2】

 

その他、プロコースに関する質問や相談はいつでも山口までご連絡してください。

誰に聞いていいかわからないことはすべて私にお任せください。

BODYCHANCE 教育ディレクター
山口裕介
usk@bodychance.jp

2018年7月 キャシー先生の個人レッスン、グループレッスン案内


キャシーの個人レッスン、グループレッスン案内

プロコーストレーニー、卒業生の皆様
7月のキャシー先生よる個人レッスンと、特別クラス(グループレッスン)のご案内です。
お申し込み方法は最後にありますので、ご覧ください。
日程と場所は以下の表の通りです。

 

*** キャシー先生スケジュール ***

 

時間

個人・グループ

スタジオ

人数

7月10日(火)

14:00-17:00

個人レッスン

目黒

 

7月12日(木)

 

14:00-17:00

特別クラス

「人前に立つ、教師として、演奏家として」

 

大阪

 

10

19:00-20:00

個人レッスン

大阪

7月13日(金)

14:00-17:00

個人レッスン

大阪

7月14日(土)

18:30-20:30

個人レッスン

大阪

 

7月18日(水)

 

14:30-17:30

特別クラス

「舞台に立つ、演じること」

 

目黒

 

10

7月20日(金)

15:30-17:00

個人レッスン

新宿

7月21日(土)

18:30-20:30

個人レッスン

目黒

 

*個人レッスンはすべて30分区切りです。開始と終了時間を示しています。
*個人レッスンをミニグループのようにアレンジすることも可能です。

2人、3人、4人で集まって、それぞれ一枠ずつ予約して一緒にレッスンを受けると、2人で1時間、3人で1時間半、4人で2時間分のレッスンを受けることが出来ます。

1人が払うレッスン料は通常の個人レッスンと同額ですが、長い時間受けることができて、また他の人のレッスンを見たり、生徒役になったりすることで、より多く学ぶことが出来ます。 学びたい内容が共通した仲間どうしで受講するには最適です。

 

*********************************

 【個人レッスンの料金・予約】

 

税込 12,400円/30分

プロコース、卒業生、ベーシック(有効期限内のチケットをお持ちの方

 

 

税込 13,400円/30分

一般 (プロコース休学中の方はこの価格になります )

 

プロコース在籍中の方、卒業生、ベーシック生在籍中の方限定の早割料金!

税込 9,800円/30分

※6/25(月)までに申込、入金いただいた方が対象
※アセスメントは対象外 (通常料金となります)

 

*通訳が必要な方へ*

通訳料:税込1,600 円/30分をお振り込みの際に合わせてお支払いください。 

ご予約は以下の内容を書いて、東京大阪ともに office@bodychance.jpまでメールでお申し込みください。

 

***申し込み内容***
件名:「キャシー個人レッスン申し込み 東京/大阪(どちらのスタジオか明記)」
名前:
参加希望日(希望する開始日時を、第三希望までご記入ください。)
第1希望:
第2希望:
第3希望:

通訳の希望:あり・なし

 

※ キャシーのアセスメントご希望の方はその旨ご記入下さい。1枠30分です。
キャシーのアセスについてはこちらをお読みください
http://procourse.bodychance.jp/wp/wp-content/uploads/2017/11/95881706eacbec3504b31d0656d8bfa6.pdf

※ 申込み締め切りは、レッスン希望日の3日前です。先生・通訳の方のスケジュール等の理由により締め切り後の申込みには対応できません。

※ 申込み確認の返信メールで指定させていただいた期日(メール返信日より1週間)までにお振り込みがない場合は、一旦予約をキャンセルにさせていただきますのでご了承くださいませ。

※ キャンセルの際、3日前までならキャンセル料はかかりません。

2日前、前日は50%、当日キャンセルは100%のキャンセル料がかかります。

 

 

*********************************

【グループレッスンについて】

<東京>

7月18日(水)14:30-17:30目黒 特別クラス「舞台に立つ、演じること」

<大阪>

 7月12日(木)14:00-17:00特別クラス「人前に立つ、教師として、演奏家として」

*これはプロコース授業とは別の追加の特別クラスです。

キャシー先生ともっと学びたい方はぜひご参加ください。

毎年私たちに素晴らしい学びをもたらしてくださるキャシー先生のファンは多く、レッスンを受けると、日常の動き、舞台に立つこと、教えることなど全てに新鮮な発見があります。

*プロコーストレーニー、卒業生が参加できます。

 

*********************************

【グループレッスンの料金・予約】

定員: 各クラス10人

受講費用: 税抜15,000円 (税込16,200円)
※ 6月25日までの早期申込み価格:税抜10,000円 (税込10,800円)
※ 期日までにご入金いただけた方が早期割引の対象となります。    

 

申し込みは、件名を「東京/大阪(どちらのスタジオか明記)グループレッスン申し込み」として、
参加希望日時と名前を添えて、東京・大阪開催ともに
office@bodychance.jp までメールでお申し込みください。  

 

※ 申込み締め切りは、レッスン希望日の3日前です。先生・通訳の方のスケジュール等の理由により締め切り後の申込みには対応できません。

 

※ 申込み確認の返信メールで指定させていただいた期日(メール返信日より1週間)までにお振り込みがない場合は、一旦予約をキャンセルにさせていただきますのでご了承くださいませ。

※ キャンセルの際、3日前までならキャンセル料はかかりません。

2日前、前日は50%、当日キャンセルは100%のキャンセル料がかかります。

 

6月23日の卒業式・修了式とBodyChanceパーティの参加申し込みについて


東京トレーニーの皆様

6月23日(土)18時より目黒スタジオで「卒業式」「BT、TB修了式」と「BodyChanceパーティ」を行います。

このBT・TB修了式では、コーチ資格取得を認定し校長のジェレミーより修了証をお渡しいたします。
修了式に出席して修了証を受け取りたい方は、お早めにオフィスにメールでお申し出ください。
出席できない方は、次回12月15日の修了式にご参加いただくか、もしくはオフィスで個別に修了証をお渡しいたします。

修了式後には、半年に一度のBodyChanceパーティがあります。
資格取得のお祝いと、トレーニー同士の親交を深めるとっても良い機会です。みなさま是非ふるってご参加ください。
皆様のご参加、心よりお待ちしております!お申し込みはオフィスまで。

【日時】  6月23日(土)18時〜21時
【場所】  BodyChance目黒スタジオ
【会費】  1,000円(当日精算:料理の一部負担として)
【飲み物】 B.Y.O.B.(Bring you own Bottle)です。 ご自分の飲み物をご持参ください。 (資格認定対象者は、会費、飲み物の準備は要りません)
【申込】 office@bodychance.jp

BodyChance教育ディレクター
嶋村 順子

【重要】ボディチャンスのアンケート/ブックコース締切間近 5/10迄


 

<ボディチャンスアンケート調査について>

前にみなさまにメールで送ったオンラインアンケートには答えてもらえたでしょうか?

合宿ではアンケート用紙を配りました。

現時点でオンライン回答を含め、60名の方に回答をいただいています。

とても感謝しております。

私たちは日頃から、ボディチャンスをより良い学習の場にしていきたいと希望しています。

そのために、ぜひみなさまのフィードバックのご協力をお願いしたい。

このアンケート調査は匿名で行います。

ですからボディチャンスの学習体験をより良いものにしていくためにどのようにしていけば良いか、みなさんの正直なお考えをお伝えください。

http://www.surveygizmo.com/s3/4297104/90a27618b52a

オンラインの場合回答にかかるお時間は10分〜30分です。(パソコン画面で行う方が見やすいです)

みなさんがどれほどの情報を提供したいかによってかかる時間は違ってくるでしょう。

ぜひこの機会をご利用になり、みなさんが私に伝えたいと思っておられることを正直にお伝えください。

よろしくお願いします。

にこやかに!

校長
ジェレミー・チャンス

********

<ブックコース申込み締切は5月10日(木)まで>
 

こんにちは、康裕です。

BodyChanceのゴールデンウィーク合宿は、12人という過去最多の卒業生がいたこともあって、例年のように盛り上がり見せました。

参加されなかった方々のゴールデンウィークはいかがでしたでしょうか。

さて、ブックコースの最終締切が迫ってきました。

締切厳守で、追加申込ができませんので、受講を予定されている方は忘れないようにお申し込みください。
(すでにEOT、MSI後半、UCL前半の開講が決まっています。)

プロコースで今回申し込みをされない方も、次の注意をお読みください。
 

【注意】
1.ブックコースは人数が揃わないと、開講されません。
プロコース卒業までに最低2冊(4単位)の修了が必要ですが、それには最低2年間かかります。
閉講があるとさらにそれより長くなりますので、余裕を持って早めに進めて下さい。

2.卒業に最低限必要な2冊(4単位)について
ブックコース最初のEOTとUOSを修了することで1冊(2単位)分になります。
その後で、MSI(前半、後半)、CCC(前半、後半)、UCL(前半、後半)の中のどれか1冊(2単位)を修了する必要があります。

いずれか2冊の本の「前半」だけを修了して合計4単位になっても、2冊を修了するという条件を満たしませんのでご注意ください。
 

■申込締切
2018年5月10日(木)
 

■コース開始予定日
2018年5月30日(水)

■費用
1コース:19,980円 税込

【注意】振込み期限
開講の連絡後に、5月15日(火)までに受講料の振込みが必要になります。
申込みを行っても、期限までに振込が無い場合には取り消しになるのでご注意ください
 

■申込み
オフィス (office@bodychance.jp) までメールにてお申込みください。

(申込みメールの内容)

件名:2018年度前期ブックコース申し込み
(1)お名前:
(2)参加するブックコース:
   (略称で、EOT、UOS, UCL前半、MSI後半 となります。いずれかをお書き下さい。)
(3)テキスト送付先住所:
(4)ブックコースに使用するE-mail

開講・閉講の連絡は、遅くとも5月12日(土)までには行います。

もしそれまでに開講・閉講の連絡がない場合には、お手数ですがオフィスまでご連絡を願いします。

  

今回開講のブックコースは、次の4つです。

①「テクニークの進化」(略称 EOT Evolution of a Technique)
自分の使い方(The Use of the Self)」の第1章を学びます。ブックコースが始めての方は、必ず最初にこのクラスに参加してください。

②「自分の使い方」(略称 UOS The Use of the Self)
EOTを終了した方は、このコースになります。「自分の使い方(The Use of the Self)」の第1章以外を学びます。
このコースを終了した後に、他の3冊に進むことができます。

③「生きている上で変わらないこと」 UCL前半    The Universal Constant in Living

④「人が受け継いでいる最高のもの」 MSI後半   Man’s supreme inheritance
前半からの継続になります。前半を既に受講された方のみが参加できます。

BodyChanceディレクター 石田 康裕
 

***********************************************************
◎アレクサンダーの4冊の著作の概要

(1)「人が受け継いでいる最高のもの」 MSI Man’s supreme inheritance

1910年(アレクサンダーは41歳)に出版されました(ただし、現在のような形になったのは1918年です)。彼の最初の著作であるこの本は、とても野心的です。自分が作ったテクニークが、人間の進歩にいかに有効かについての彼の確信が書かれていて、読む人に未来に対する希望を抱かせ、アメリカではかなり売れました。立つこと、歩くことや、呼吸についての具体的な記述もあります。アレクサンダーが主張し続けた「意識的コントロール」ということについて、彼がなぜ必要と考えたかについて、とてもよくわかります。自分の可能性を信じられるようになることでしょう。

(2)「個人の建設的で意識的なコントロール」 CCC
    Constructive Conscious Control of the Individual)

1923年(アレクサンダー54歳)に出版されたアレクサンダーの2冊目の本です。テクニークの全体を体系的にまとめたもので、彼は4冊の本の中で、この本を最も重要と考えていました。
この本の執筆にあたっては、世界的な哲学者ジョン・デューイが大きく関わっています。当時、1年のうち半分をアメリカに滞在することにしていたアレクサンダーは、その内容をデューイに詳細に確認してもらっています。

「ハンズ オン バック オブ ザ チェア」の詳しい記述もあります。アレクサンダーは、「ハンズ  オン バック オブ ザチェア」を特許にしようと思ったのですが、それができなかったので、この本に詳細に書くことにより、著作権で守られるようにしたそうです。

(3)「自分の使い方」 UOS The Use of the Self

1932年(アレクサンダー63歳)に出版された3冊目の本です。第1章「テクニークの進化」は、アレクサンダーがどのようにテクニークを見出していったかを書いています。「インヒビション」や「ディレクション」など、アレクサンダー・テクニークでの基本的な用語の始まりを知ることができます。彼は、この内容があれば、もし直接の後継者がいなくなっても、誰かがその内容を再発見してくれるとも思っていました。この本の出版前年の1931年に、アレクサンダーは、テクニークを教えるための先生を養成する学校を作りました。一期生には、ジェレミーの先生で、ボディチャンスメソッドの創始者といえるã ��ージョリー・バースト―がいました。


(4)「生きている上で変わらないこと」 UCL The Universal Constant in Living

1941年(アレクサンダー72歳)出版のアレクサンダーの最後の著作です。アレクサンダーは、この本の序文に「前著「自分の使い方」を書き終えたとき、それまでの2冊と合わせて3冊の本があることで十分だと思ったが、誤解がまだあり、理解が充分にされていないことが分かったのでこの本を書くことにした。」と述べています。また「「自分の使い方」の出版の後、テクニークに科学的説明を与える生物学や生理学の分野の発見があった」ので、それについても触れました。
それまでの本と異なり、テクニークの具体的な記述は余りありませんが、アレクサンダー・テクニークがなぜ必要かをさまざまな人間の特性から考えさせてくれます。

【BodyChance】三学期テスト返却のお知らせ


プロコースの皆さま

こんにちは、ボディチャンス大阪の由香です。

BTテストを受けた方にお知らせです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お待たせ致しました。

三学期のBTテストを返却いたします。

◎ 東京のみなさんは、目黒オフィスにて「BTテスト返却」とスタッフにお伝えください。

◎ 大阪のみなさんは、オフィスにいる由香までお声かけ下さい。

◎ 三学期のテスト問題と、解答のファイルをボディチャンスサイトの、
以下のページにありますので、どうぞご参照ください。

プロコース生専用ページ>カリキュラム>第一段階の方へ
http://procourse.bodychance.jp/?page_id=1164

テストの内容についてご質問あるかたは、下記の由香アドレスまでメールでお問合せくださいね。


=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=
BODYCHANCE 大阪教育ディレクター
真田 由香
yuka@bodychance.jp
0120-844-882

530-0015
大阪府大阪市北区中崎西1-8-24-901
=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=∵=∴=

【BodyChance】ブックコース申込み開始のお知らせ


プロコース トレーニーのみなさま

桜が今年は早々と終わり、新年度もスタートから一週間が過ぎました。

新しい体制にも慣れてきて、ゴールデン・ウィークまでは仕事の期間というところでしょうか。

みなさんは、いかがお過ごしですか。

今年度の前期ブックコースが、5月30日(水)から始まります。

受付を開始しますので、この機会にぜひアレクサンダー自身の著書にじっくり取り組み、彼の考え方の根本に触れてみてください。(今回開講の4つの講座と、このブックコースで学べる4冊の本の概要については、このメールの末尾をご覧ください。)

 
申込締切:5月10日(木)

※締切り厳守

最低人数が揃い次第、「開講」の連絡を行います。連絡を受け取った後、5月15日(火)までに受講料をお振込みください(期限までに、振込が無い場合には、申込み取り消しになります)

申込み時に既に開講人数が揃っていれば、申込み受付とともに、振込みの連絡もさせていただきます。 また、入金確認後はテキストをお渡しできますので、ぜひ早めにテキストを受け取り、お読みください。

ゴールデン・ウィーク中は、BodyChanceのオフィスが休みになりますので、できましたら、4月中の申込みをお願いします。

なお、プロコースのトレーニは、2冊(4単位)を修了することが卒業要件の1つになっています、最低2年はかかりますので、計画的に進めてください。(後期は11月の開始になります。)

 
■費用
1コース:19,980円
(税込。本体価格は18,500円、本体価格適正化のため今までの価格から、若干変更になりました。)

■申込み
  オフィス (office@bodychance.jp) までメールにてお申込みください。

■申込み時は以下の書式に合わせてお願いします。

件名:2018年度前期ブックコース申し込み
(1)お名前:
(2)参加するブックコース:
   (略称で、EOT、UOS, UCL前半、MSI後半 となります。いずれかをお書き下さい。)
(3)テキスト送付先住所:
(4)ブックコースに使用するE-mail

開講・閉講の連絡は、遅くとも5月12日(土)までには、行います。もしそれまでに開講・閉講の連絡がない場合には、お手数ですがオフィスまでご連絡を願いします。
 

今回開講のブックコースは、次の4つです。

 ①「テクニークの進化」(略称 EOT Evolution of a Technique)

   「自分の使い方(The Use of the Self)」の第1章を学びます。

   ブックコースが始めての方は、必ず最初にこのクラスに参加してください。

 
 ②「自分の使い方」(略称 UOS The Use of the Self)

    EOTを終了した方は、このコースになります。「自分の使い方(The Use of the Self)」の第1章以外を学びます。

   このコースを終了した後に、他の3冊に進むことができます。

 

 ③「生きている上で変わらないこと」 UCL前半

            The Universal Constant in Living

 

 ④「人が受け継いでいる最高のもの」 MSI後半 

            Man’s supreme inheritance

    前半からの継続になります。前半を既に受講された方のみが参加できます。

 

                  BodyChanceディレクター 石田 康裕

 

***********************************************************

◎アレクサンダーの4冊の著作の概要

(1)「人が受け継いでいる最高のもの」 MSI 

            Man’s supreme inheritance

 1910年(アレクサンダーは41歳)に出版されました(ただし、現在のような形になったのは1918年です)。彼の最初の著作であるこの本は、とても野心的です。自分が作ったテクニークが、人間の進歩にいかに有効かについての彼の確信が書かれていて、読む人に未来に対する希望を抱かせ、アメリカではかなり売れました。立つこと、歩くことや、呼吸についての具体的な記述もあります。アレクサンダーが主張し続けた「意識的コントロール」ということについて、彼がなぜ必要と考えたかについて、とてもよくわかります。自分の可能性を信じられるようになることでしょう。

 

(2)「個人の建設的で意識的なコントロール」 CCC

    Constructive Conscious Control of the Individual)

  1923年(アレクサンダー54歳)に出版されたアレクサンダーの2冊目の本です。テクニークの全体を体系的にまとめたもので、彼は4冊の本の中で、この本を最も重要と考えていました。

 この本の執筆にあたっては、世界的な哲学者ジョン・デューイが大きく関わっています。当時、1年のうち半分をアメリカに滞在することにしていたアレクサンダーは、その内容をデューイに詳細に確認してもらっています。

 「ハンズ オン バック オブ ザ チェア」の詳しい記述もあります。アレクサンダーは、「ハンズ  オン バック オブ ザチェア」を特許にしようと思ったのですが、それができなかったので、この本に詳細に書くことにより、著作権で守られるようにしたそうです。

 

(3)「自分の使い方」 UOS The Use of the Self

1932年(アレクサンダー63歳)に出版された3冊目の本です。第1章「テクニークの進化」は、アレクサンダーがどのようにテクニークを見出していったかを書いています。「インヒビション」や「ディレクション」など、アレクサンダー・テクニークでの基本的な用語の始まりを知ることができます。彼は、この内容があれば、もし直接の後継者がいなくなっても、誰かがその内容を再発見してくれるとも思っていました。この本の出版前年の1931年に、アレクサンダーは、テクニークを教えるための先生を養成する学校を作りました。一期生には、ジェレミーの先生で、ボディチャンスメソッドの創始者といえるマージョリー・バースト―がいました。

 

④「生きている上で変わらないこと」 UCL The Universal Constant in Living

 1941年(アレクサンダー72歳)出版のアレクサンダーの最後の著作です。アレクサンダーは、この本の序文に「前著「自分の使い方」を書き終えたとき、それまでの2冊と合わせて3冊の本があることで十分だと思ったが、誤解がまだあり、理解が充分にされていないことが分かったのでこの本を書くことにした。」と述べています。また「「自分の使い方」の出版の後、テクニークに科学的説明を与える生物学や生理学の分野の発見があった」ので、それについても触れました。

 それまでの本と異なり、テクニークの具体的な記述は余りありませんが、アレクサンダー・テクニークがなぜ必要かをさまざまな人間の特性から考えさせてくれます。